心療内科は慎重に選ぼう!その理由と選び方とは?


心療内科を吟味した方が良い理由とは

心療内科では、心理的や社会的な要因によって引き起こされる身体の症状を診ます。身体の症状とは、頭痛や胃痛、だるさや吐き気などが挙げられます。これらの症状は内科などで異常がないと判断されるため、放置する人も少なくありません。内科などで異常が見られなかったり、ストレスを抱えるような出来事により不調が出始めている場合、心療内科を受診するのです。しかし中には、心療内科に通うことで症状を悪化させるケースもあります。

例えば、主治医と合わないケースです。病院に行くことで、身体の不調や思考を理解してもらえるという期待値が高まる人が多くいます。しかし、主治医も人間です。頭から否定されるわけではありませんが、全てを受け入れてくれるとも限りません。お互いに譲らないままだと治療方針にも相違が出てきます。また、極稀にぼったくる悪徳な病院もあります。薬を多く処方したり、何度も通院させることで、費用をかさませるのです。違和感に気付いたら、早急に転院しましょう。

自分に合った心療内科の選び方とは

まず、心療内科の雰囲気を確かめましょう。どこか暗かったり、ピリピリと張り詰めている雰囲気の心療内科を選ぶと、居心地は良くありません。雰囲気を事前に確かめるためには、診察予約をした時の対応を見ることです。電話ならば口調は丁寧か、声色は明るいかで判断しましょう。オンラインで予約する際は、返信はあるか、文面が雑でないかなどで判断します。予約の際に見抜けない場合は、実際に足を運んで確かめてみましょう。

また、自分としっかり向き合ってくれる主治医を選びましょう。話を遮らずに聞き、治療方針も一方的ではなく意見を取り入れてくれるのがベストです。

品川の心療内科の処方箋を調剤薬局に持っていくのに抵抗があるのなら、院内処方のクリニックを選ぶと安心です。