粗大ごみを捨てたいけど引っ越しまでに時間がない!そんな時は不用品回収業者へ


行政サービスの粗大ごみ処分は安いがデメリットも多い

一般的に粗大ごみを回収してもらいたい時は、行政サービスを使うという方が多いですが、行政サービスを使った粗大ごみ回収は価格は安いもののデメリットもあります。デメリットとしては予約を入れる手間や、粗大ごみを運び出す手間、一度に回収してくれる数の少なさなどです。そのため、急いで引っ越しをしなければならないときなど、行政サービスでは粗大ごみ処分が間に合わないというケースも起きてきます。そこで、間に合いそうにないときに役立つのが民間の不用品回収業者です。民間が行っている不用品回収サービスなら、粗大ごみも点数関係なく大量に回収してくれたり、運び出しも業者がサービスとして行ってくれたりします。

二階から一階への運び出しなどは無料の所もあり!

また、民間の不用品回収業者を使った運び出しサービスについてですが、業者によっては2階から1階への運び出しは無料としている所も多いです。エレベーターが無い賃貸物件の2階に一人で住んでいる高齢者や女性など、大型の家具を粗大ごみとして運び出すのは大変ですので、そんな時は運び出しサービスが無料の業者を使うと良いでしょう。その他、運び出しサービスの他には、使える家電製品の回収については買取対応をしてくれる所もあります。行政の不用品回収では買取は基本的に行っていませんので、価値のある品物をタダで捨てるのは勿体ないと思う方も、民間の不用品回収業者を使ってみましょう。高く売れれば依頼料金と相殺して、支払金額も安く押さえられます。

不用品回収を千葉で頼むときには、わかりやすい料金設定のところにして、不明な点があったときには必ず確認するようにしましょう。